意識他界大熊猫の世界

意識他界大熊猫による意識他界ブログ

届出電気通信事業者になってみた(追記)

Mastodonインスタンスを運営しているんですが、思い立って「届出電気通信事業者」になってみました(しろめ 素人でも結構簡単にできるので、おひとりさまインスタンスではないインスタンス鯖缶の方は届け出ておくといいかもしれません・・・ なお、今回は「関東総合通信局」管轄エリア(個人なら茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨の各都県在住)を対象にしています。他の地域にお住まいの方はそれぞれ管轄の総合通信局サイトをご確認くださいね!

必要書類

ここからダウンロードできる様式3本(様式第8,第4,第3)
・住民票写しの原本(役所でもらって来たのをそのまま使います コピーはダメよ)
・通知書を送ってもらうための返信用封筒(切手貼付/送付先記入のこと)

書類を書こう

1. まずは届出書でもある様式第8から・・・
・ほぼ記入例で説明されているとおりですが、まずは右上の「申請日/郵便番号/住所/名前/電話番号/メールアドレス」を埋めてハンコを押します。なお住所は住民票に記載されているものと同じものを記入してください。

・「1 業務区域」 の (1) 提供区域 に「全国」と書きます

・末尾の「3事業開始予定年月日」に届出日以降の日付を記入します

はい簡単ですね!次行きます

B. 様式第4

Mastodonインスタンスは「28 インターネット関連サービス(IP電話を除く)」に該当しますので、下記の通り記入します

以上です(しろめ

C. 様式第3
・一見面倒そうなネットワーク構成図ですが、これ実は「記入例ほぼまるパクリ」で問題ありません((
・これが記入例

・こっちが私が提出して受理されたヤツ

・まあこんな感じで簡単に説明したのでよいようです。

書類を送ろう

・あとはここまでに作成した申請書類3本と返信用封筒・住民票を封筒に入れ、管轄の総合通信局に送付するだけです(送付先は総合通信局のサイトにあります)。不備がなければ数日後に通知書が届きます。


こんな感じで余裕でした!みなさまのお役に立てれば幸いです。

LVMにディスクを追加するメモ(少し加筆)

LVMを利用しているサーバで新しくストレージを追加した際にやること。

想定OSはCentOS7/Ubuntu20.04。ファイルシステムは xfs/ext4 あたりで。

※ ボリュームグループ = 物理ボリューム(デバイス)をまとめたグループ ※ 論理ボリューム = ボリュームグループから指定した容量を切り出した仮想的なボリューム

① 新しく追加されたストレージのデバイス名を確認 (/dev/sdb とか)

# dmesg   など

② LVMの物理ボリューム作成

# pvcreate <新規デバイス名> → 物理ボリューム作成
# pvdisplay<新規デバイス名> → Physical Volume に新規デバイスが含まれていることを確認
   PV Name   <新規デバイス名>  となっているエントリがあればOK

③ 容量を追加したいボリュームグループ名を確認

# vgdisplay
   VG Name の値がボリュームグループ名
   VG Size (現在の割り当て容量)も確認しておく

④ ボリュームグループに新規作成した物理ボリュームを追加

# vgextend <ボリュームグループ名> <新規デバイス名>
# vgdisplay <ボリュームグループ名>
   VG Size が③の時と比較して増えていることを確認

⑤ 容量を追加する論理ボリューム名を確認

# df
   容量を増やしたいマウントポイントにマウントされているファイルシステム名を確認
   Ubuntu だと 「/dev/mapper/<ボリュームグループ名>-<論理ボリューム名>」といった値となる
# lvdisplay
   --- Logical volume ---
   LV Path   → ここに表示されている値を確認しておく
   LV Name   <論理ボリューム名>
   VG Name  <ボリュームグループ名>

⑥ 論理ボリュームに容量を割り当てる

※ボリュームグループの未割り当て容量を全て割り当てる時のコマンド
# lvextend -l +100%FREE <論理ボリュームパス(⑤で確認した LV Path)>

ファイルシステムの拡張(割り当て容量を増やしただけでは使えないのでこの手順が必要)

A.ファイルシステムが ext4 の場合
# resize2fs <デバイス名(/dev/mapper/<ボリュームグループ名>-<論理ボリューム名> とか)>
B.ファイルシステムが xfs の場合
# xfs_growfs <マウントポイント>

こんな感じで